スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレー・ヌーヴォーについて 

ボジョレー・ヌーヴォーとはフランスのボジョレー地区で作られるヌーヴォー(新酒)です。
その年にできた葡萄で作られたワインです。

赤ワインはガメイ、白はシャルドネから作られます。

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月の第三週で、それまでは世界的に飲むことができません。
そのため、日付変更線の関係で日本では早くから飲むことができるため話題にもなってます。
また、新酒のお祝いとしての意味合いも強く飲まれています。

ボジョレー・ヌーヴォーはよく早飲み用の質の低いワインと思われいますが、ボジョレーにもクリュ・ボジョレーやボジョレー・ヴィラージュといった上級のボジョレーもあり、ヌーヴォーではなく、普通のボジョレー・ヌーヴォーよりも熟成期間を長くしたワインもあります。
また、長期成熟がたのワインもあります。

ボジョレー・ヌーヴォーの有名な生産者としてボジョレーの帝王といわれるジョルジュ・デュブッフや有名ネゴシアンのルロワやルイ・ジャドなどがあります。

ボジョレー・ヌーヴォーの飲み方としてはこのようになってます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。