FC2ブログ

スパークリングワインについて 

そもそもスパークリングワインって?


いわゆるガスが入った発泡性ワイン全般のことです。単純に泡と表記されたりもします。発泡性ワインではシャンパンが有名ですが、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で決められた製法で作られたものだけをいいます。スパークリングワイン(英語)は発泡性ワインの総称です。発泡性ワインは国ごとにフランスではヴァンムスー、イタリアではスプマンテ、スペインではエスプモーソ、ドイツではシャウムヴァインと呼ばれています。
また、上質の定められた規定を満たしているスパークリングワインのみ名乗ることができる名前として(シャンパンのように)、スペインではカヴァ(シャンパンと同じ製法)、ドイツではゼクトと呼ばれるものがあります。
また、フランス産としてはシャンパン以外にもクレマンと呼ばれるスパークリングワインがあり、シャンパーニュ以外で作られる上質のワインがそう呼ばれることが多いみたいです。

シャンパンについて詳しくはシャンパンについてを参照。

スパークリングワインの製法


トラディショナル方式
スティルワイン(無発泡の普通のワイン)をびんに詰め、糖分と酵母を加えて密閉し、びん内で二次発酵を起こさせるもの。発酵後も熟成、澱引きなどが必要で、最も手間とコストがかかる方式で、最高級スパークリングワインの製造に用いられる。シャンパン方式とも呼ばれ、その名の通りシャンパンはこの方式によって製造される。シャンパンで有名なドンペリなどもこの製法である。しかしシャンパン以外はシャンパン方式とラベルに表記することはできない。

シャルマ方式
スティルワインを大きなタンクに密閉し、その中で二次発酵を起こさせる方式。密閉タンク方式ともいい、短期間に製品化が可能。製造過程でワインが空気に接触しないため、マスカットやリースリングなどを原料とするぶどうのアロマを残したい発泡性ワインを造る場合に用いられる。一度に多量に生産できるため、コストを抑えたい場合にも広く用いられる。

トランスファー方式
びん内二次発酵をさせた炭酸ガスを含んだワインを、加圧下のタンクに移し、冷却、ろ過した後、新たにびん詰めする。トラディショナル方式を簡略化したものといえます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://domperi.blog76.fc2.com/tb.php/42-a7bd4c6d